コントロールフリークを使ってフォートナイトでエイムが良くなる!ボルテックス、ギャラクシー、CQCを比較レビュー。 - へびぱんのブログ

コントロールフリークを使ってフォートナイトでエイムが良くなる!ボルテックス、ギャラクシー、CQCを比較レビュー。

どうも、へびぱんです。

PS4コントローラーのアナログスティックになんかカラフルなものが付いているのを見たことないでしょうか?

そう、それがフリークです。

このフリークについてレビューしたいと思います。

緑色のスポンジはエイムリングというもので、別でレビューしています。

フリークの効果

  • 繊細な動きができる。
  • 感度を上げられる。
  • 滑りにくい。
  • 指の長い人が持ちやすくなる。

以上のようなメリットがあります。

フリークを付けるとアナログスティックが高くなるため、ゲーム上での同じ量を動かそうとすると、フリークを付けた方がたくさんの距離を動かすことになります。

この効果によって微調整ができて繊細な動きができます。

アナログスティックの距離をたくさん動かすことになるので、感度も上げれるようになります。

クイックな動きをするときには一気に動かせばOKです。

純正のアナログスティックと材質や形状が違うので、滑りにくくなります。

特に、指の腹に引っ掛かる部分が増えることが効果大です。

汗ばんだときにその違いがハッキリ分かります。

へびぱんは手が大きいというか、指が長いというか、通常のコントローラーだと小さく感じます。

フリークによってアナログスティックに高さが出て、コントローラーを握ったときに安定します。

フリークの種類

ボルテックス Vortex

ボルテックスは、フリークで一番有名な製品です。

写真真ん中のオレンジ色のものです。

へびぱんは最初はボルテックスの高い方を右側にずっと付けていました。

ギャラクシー Galaxy

少し前からギャラクシーを付ける方が増えています。

写真右側の紫色のものです。

ギャラクシーを使ってる人が増えてきたのを知って、へびぱんも試しに買ってみたら右側はギャラクシーの高い方になりました。

ボルテックスとギャラクシーの比較

どうしてギャラクシーにしたかというと、

ギャラクシーは凹になっています。

ボルテックスは凸になっています。

凹の方が指の腹に引っ掛けられて、エイムがしやすいです。

凸だと端の方に引っ掛けた場合に滑るんですよね。

オレンジ色の高さが高いものがボルテックスの高い方

そしてボルテックスの高い方は形状の部分で滑り止めの引っ掛かりも少ないんですよね。

へびぱんが使いすぎて削れた?? そんなことはないです😗

ボルテックスの低い方は逆に凹になってます。

CQC

CQCはギャラクシーを購入するときにセット売りでお得だったので、買いました。

写真の緑色のものです。

もともと左のアナログスティックにはフリークは付けてなかったのですが、CQCを付けてみたらしっくりきました😄

へびぱんが持ってる中では、CQCが高さが一番低いです。

凸凹の感じが他のフリークほどなく、より水平に近いです。

滑り止めの部分がなんかロゴになってるのですが、純正時と比べたらかなり滑りにくいです。

あんまり左のアナログスティックに付けてる人はいないですけどね😆

その他のフリーク

最近は高さを自分で微調整できるフリークなども出てきました。

プロフリークというものです。

他にも種類はたくさんあると思うので検索してみてください。

まとめ

コントロールフリークを付けると、

フォートナイトでいうと、アサルトライフルやスナイパーライフルのエイムが断然よくなると思います。

感度やデッドゾーンの設定は、

使っているコントローラーの種類、個体差、使い込み具合、エイムリングなどで変わってきます。

最初は好きなフォートナイトプレイヤーの感度などを真似してみて、そこから自分なりに微調整をしていくといいと思います。

へびぱんは、水平が40で、垂直が45くらいです。

どのフリークが自分に合っているのか?

これはスペック値とかからでは分からないと思います。

実際に付けてみて試したときにしっくりくるかどうかです。

関連:フォートナイトまとめページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました