【2021】イヤーピースのおすすめ|サイズ、種類、選び方|交換で劇的に変わる。 - へびぱんのブログ

【2021】イヤーピースのおすすめ|サイズ、種類、選び方|交換で劇的に変わる。

どうも、へびぱんです。

カナル型のイヤホンを購入すると、必ずゴム状のイヤーピースが付いています。

耳の穴にあたるところです。

たいていの方は最初から付いていたイヤーピースをそのまま使っていませんか?

耳のサイズや形は人によってそれぞれ違うので合ってないイヤーピースをそのまま使ってる場合があります。

ぜひこの記事を読んでいただき、せっかく買ったイヤホンを最高の状態で使って欲しいです。

へびぱんは実際にたくさんの種類のイヤーピースを試しました。

その中で自分の使いたい用途にあったものを見つけました。

この記事を読んでもらえれば、あなたにもピッタリのイヤーピースが見つかるはずです。

ソニー、JVC、アユート
ソニー、JVC、アユート

イヤーピースとは

カナル型イヤホンの先に付いているゴムみたいな部分、これをイヤーピースと言います。

イヤーチップ、イヤーパッドなんて呼ばれ方もします。

安いイヤホンだと最初から1つしか付いてませんが、高価なイヤホンになってくると大中小と3つ付いていたりします。

使っているイヤーピースのサイズは合っていますか?

耳にぐりぐりっとはめこんでみると最初から違和感があって合わない。

とりあえずはめてみたらフィットするんだけど、音楽を聴いたりゲームをしていると、途中で顔を動かしたりあくびをしたりするとずれてしまう。

そういった場合はおそらくイヤーピースのサイズが合ってません。

うまく耳にぴったりフィットしてるとずれたりしません。

イヤーピースの大きさ、材質の種類によって音が変わる。

イヤーピースがちゃんとフィットすることによって、遮音性が増して周囲の音が聴こえなくなり、音が漏れることもなくなるので正しく音を伝えることができます。

高音、低音の聴こえ方もガラッと変わります。

基本的には小さいイヤーピースだと高音がになり、大きいイヤーピースだと低音になります。

さらにイヤーピースには材質も様々なものがあります。

一番定番なのがシリコンタイプで、耐久性があり水洗いもできて清潔です。

耳栓みたいに軽く潰して入れて、耳の中で膨れてフィットするフォームタイプがあります。

個人的には定番のシリコンタイプが好きです。

イヤーピースを実際に試して比較してみたもの。

ソニー、JVC、アユート 大きい
パッケージは開封してるので汚くてすいません。

へびぱんはどうやら耳の穴がとても小さいようで、写真真ん中の外形9mmのJVCものがフィットしました。

これは探した中でも一番小さいもので、イヤーピースが大きくて困っている人はぜひ一度試して欲しいです。値段は約300円とかなり安いです。

写真右端のAZLA(アユート)もかなりフィットしたのですが、材質が少しペタペタっとしたものでゴミなどが付いちゃうとなかなか取れないのが難点です。

これは約2000円したので高かったです。

100均のも含めイヤーピースをいろいろ試しました。

100均のイヤーピースはあきらかに材質が違い、合いませんでした。

100均もいろんなメーカーがあるのでダメ元で試してみるのもありかもしれません。

へびぱんは通常よりも耳の穴が小さいのが原因でいろいろ試した感じがあるので、普通の方ならもっと早く自分に合ったイヤーピースが見つかるはずです。

まとめ 【イヤーピースのおすすめ】

使っているイヤホンの付け心地や音にあまり満足していない方は、一度イヤーピースに興味を持っていただき、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

あれこれ試してみると同じイヤホンなのにこんなに変わるものなのかと絶対思うはずです。

ただ、はまるときりがないのでイヤーピース沼には注意してください。

へびぱんもここに載せたもの以外にもたくさん試しました。

せっかく買ったイヤホンも、イヤーピースが合ってないだけでポテンシャルを引き出せないです。

関連:ゲーミングイヤホンのおすすめ 【Razer Hammerhead Duo Console】

関連:フォートナイトまとめページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました